女性

肌の若返りで見た目年齢も若々しく!|シミ対策が大事

どの方法を選ぶべきか

ウーマン

しわ対策に効果的なケアは、化粧水や美容液などを使ったセルフケアから、エステサロンや美容整形などのクリニックを利用した方法があります。人気があるのがクリニックの施術で、メスを使わず手軽に治療できる方法も用意されています。

詳細

肝斑の原因と治療方法

婦人

女性ホルモンも一因

女性の美容にとって大敵となる肌のシミは、紫外線の影響が原因の大半だと言われています。皮膚細胞が紫外線を受けると活性酸素が発生し、その強力な酸化力のために細胞がダメージを受けてしまいます。表皮の基底層にあるメラノサイトが紫外線対策のためにメラニン色素を分泌し、真皮の皮膚細胞を活性酸素から守っているのです。通常はこうしたメラニン色素も新陳代謝によって皮膚表面から順番に排出されていますが、受ける紫外線が強すぎるとメラニンが過剰に発生してしまいます。そうなると新陳代謝で処理しきれない部分が出てきて、肌のところどころにシミの形で残ってしまうのです。このようなシミには老人性色素斑や雀卵斑とも呼ばれるソバカスの他、女性に多い太田母斑や肝斑などの種類が挙げられます。中でも肝斑は30代から40代の女性に多く、シミ全体でも約4割を占めていると言われます。肝斑がその年代の女性に多い理由として、女性ホルモンが大きく関わっているのは間違いありません。妊娠中にも出やすい紅斑は閉経とともに消失し、高齢者ではほとんど見られないのです。シミの形状としては頬骨や額などに発生し、左右対称に分布している点も大きな特徴です。

レーザー治療も可能に

こうした紅斑は年齢とともに消失するのが常とは言え、美容にとっては大きなマイナスとなります。気になるという女性も多いことから、さまざまなシミ対策が開発されてきました。通常のシミであれば、美容クリニックで受けられるレーザー治療で消すことができます。クリーム状の麻酔剤を塗った上からレーザー光線を照射させると、シミの部分が軽い火傷を負った状態となり、数日後にはかさぶたが剥がれます。その下に新生した皮膚は色素が取れており、きれいな肌を取り戻せるのです。ただし紅斑の場合は通常のレーザー治療で悪化してしまうため、別の対策が必要となります。美容クリニックではメラニンを抑制する内服薬や、メラニン排出を促す外用薬を使って紅斑の治療を行っています。紅斑治療には向かないと言われていたレーザーですが、最近では弱いレーザー光線を当てることで治療できるようになりました。レーザー照射量を微調整できる技術が向上し、メラニン色素だけを破壊することが可能になったのです。こうした対策によって、従来は治療が難しかった紅斑でも取り除くことができます。信頼できるクリニックでは、薬とレーザーを組み合わせて治療効果を高めているのです。

美肌治療

注射器

ヒアルロン酸注入は効果をすぐに実感することができる治療です。他の美容治療と比べて比較的安い費用で治療を受けることができますが、治療費用はクリニックごとに異なるので、施術を受ける前によく確認しておくようにしましょう。

詳細

クマがひどいときにの対処

女の人

目のクマは肌のたるみや患部の血行不良が原因で引き起こされます。これを解消するには生活習慣の改善、スキンケアの徹底はもちろんのこと、美容外科でのたるみ治療が打ってつけです。ヒアルロン酸注射や針や糸を使って物理的に肌を引き上げる方法など、より目的や予算に合ったものを選んでいくといいでしょう。

詳細